【NCAA】テンプル大学

うい。


Bro Institute of Ball&Tripは大人の野郎(通称bro)がバスケをより楽しむための知識とノウハウを提供しているサイトだ。


現在、broは完全に蚊帳の外にいる。と言うのも、broは無駄遣いをしないからである。ビジネスは金を使わない奴を対象には行われない。


しかし、言い換えれば、コンテンツはホイホイ金を出す奴らを対象に作られているということだ。実際、現在のバスケメディアも”そういった奴ら”をターゲットにしている。例えば、多くのメディアが「釣りタイトル」でPV数を稼ごうとしている訳だが、挑発的な見出しや俗物的なコンテンツで購買数を増やすのはまさにスポーツ新聞や週刊誌の手法であり、何故「スポーツ新聞や週刊誌がくだらないコンテンツを提供しているのか?」と言えば、それは彼らのターゲットも”そういった奴ら”だからである。


そして、その結果がbroが物足りなさを感じる今の状況だ。


一方、確かにこちらから合わせに行くのも1つの手ではあるだろうが、正直、大人の野郎がワーキャースタイルを続けるのは結構痛々しい。また、一部の人間は経済力で得たコレクションを見せびらかすことに走っているが、これは空港の写真をFacebookに上げるのと同様にオッサン的でダサい。(※コレクション自体は否定していない。)


と言うことで、大人の野郎に残された道はあらゆる知識を吸収して多面的且つ高い彩度でバスケを見る”bro way”しかない。


しかし、先述した通り、broを相手にしているコンテンツはない。故に、俺達が同志のために一肌脱いで始めたのがBro Institute of Ball&Tripだ。俺達はbroがバスケを楽しむための知識(情報の信頼性を担保する参考文献付き)とノウハウの提供を行っている。

と言うことで、今回は超古豪テンプル大学についてだ。

テンプル大学

基本情報

名称: Temple University
愛称: Owls
所属: アメリカン・アスレティック・カンファレンス
19-20: 14勝17敗
18-19: 23勝8敗NCAAトーナメント1回戦
17-18: 17勝16敗NIT出場
16-17: 16勝16敗

2019-20 Men's Basketball Schedule - Temple University Athletics
The official 2019-20 Men's Basketball schedule for the Temple University Owls

最近の話: レジェンドがHCに昇格

2019年、テンプル大学レジェンドのアーロン・マッキーがHCに就任した。マッキーは1990年代前半にオウルズを3年連続のNCAAトーナメント出場に導き、その後はNBAで長らく活躍した。

アメリカン・アスレティック・カンファレンス

詳細

名称: American Athletic Conference
愛称: AMERICAN
設立: 1979年
所属校: 12校
HP: http://theamerican.org/

所属校(大まかな所在地)※太字は重要校
メンフィス大学(テネシー州メンフィス) は現在ペニー・ハーダウェイがHCを務めている。出身者にはデリック・ローズやタイリーク・エバンスなどがいる。
ヒューストン大学(テキサス州ヒューストン)は1980年代にクライド・ドレクスラーとアキーム・オラジュワン等を擁したダンカ―集団”Phi Slama Jama”で一世を風靡した。
シンシナティ大学(オハイオ州シンシナティ) は過去にNCAAトーナメント2連覇とオスカー・ロバートソンを輩出した古豪だ。
ウィチタ・ステイト大学(カンザス州ウィチタ)は2014年にレギュラーシーズン無敗を達成した。当時の主力にはフレッド・バンブリートがいる。
セントラル・フロリダ大学はタッコ・フォールの出身校だ。
サウス・フロリダ大学
テンプル大学(ペンシルベニア州フィラデルフィア)は最初期からバスケ部に力を入れ始め、1938年にNITを制覇して全米初の全米No.1に輝いた古豪だ。未だに歴代勝利数はトップ10付近にいる。
テュレーン大学(ルイジアナ州ニューオーリンズ)
タルサ大学(オクラホマ州タルサ)はノーラン・リチャードソン、トゥビー・スミス、ビル・セルフの3人が自身の実力を証明したチームだ。3人共にその後他大学でNCAAトーナメントを制覇している。
イースト・カロライナ大学
SMU(テキサス州ダラス)は名将ラリー・ブラウンが指揮を執っていて一気に強くなったが、ブラウンの十八番「不正」が発覚して再び転落してしまった。

アメリカンはいわゆる旧ビッグ・イースト・カンファレンスだ。ビッグ・イースト・カンファレンスとして活動していたのだが、フットボール部を登録している大学と登録していない大学とで不都合が生じたため、ジョージタウン大学等のノンフットボール7校がビッグ・イースト・カンファレンスという名前と共に新ビッグ・イースト・カンファレンスとして独立した。その結果、同カンファレンスは名前をアメリカン・アスレティック・カンファレンスに改めた。現在はメンフィス大学とヒューストン大学が強い。

チーム史

チャールズ・ウィリアムス時代(1894-99):最初に運動部の後援を始めた内の1校

テンプル大学は運動部を正式に後援した最初の大学の1校だ。1894年、テンプル大学はチャールズ・ウィリアムス(Charles Williams)をフットボール部とバスケットボール部のコーチに任命した。

1950年代頃までバスケ部、フットボール部、野球部のコーチは同じ人物が兼任していることが多かった。

ジェームス・ユシルトン時代(1926-39): 初代全米No.1

主な実績
  • NIT優勝(1938)

1926年、ジェームス・ユシルトン(James Usilton)がHCに就任した。当時、他大学がバスケ部を創部したばかりだった中、ユシルトンは毎シーズン20試合程度の試合を組み、常に15勝程度を挙げていた。実はテンプル大学は歴代勝利数でトップ10位内に入っているのだが、それはこの時に先行者利益的に白星を稼いでいたためである。


1938年、ナショナル・インビテーション・トーナメント(NIT)がNCAAトーナメントに先駆けて開催された。当時、NITはその年に調子の良いチーム数校をマディソン・スクエア・ガーデンに集めてNo.1を決める全米初の大々的なチャンピオンシップトーナメントだったのだが、その第一回大会に招待されたテンプル大学は決勝戦でコロラド大学を破って初優勝を果たした。

ハリー・リトワック時代(1952-73): レジェンド卒業生が2度のファイナル4へと導く

主な実績
  • ファイナル4×2(1956、58)

1952年、卒業生のハリー・リトワック(harry Litwack)がHCに就任した。リトワックはプロバスケットボール超黎明期の1930年にプロの道へと進んだプロバスケットボール界のパイオニア的存在だ。


一方、1950年代、オウルズはもはや圧倒的な存在ではなくなっていた。理由は簡単だ。各大学がバスケットボールに力を入れ始めたからである。1940年代、NCAAトーナメントとNITの隆盛でバスケットボールは東海岸を中心に盛り上がりを見せていたが、その後、テレビ放送の開始によってその人気が全米中に拡散されたのだ。


しかし、元プロ選手のリトワックは体育教師上がりのコーチ達とはバスケットボールの理解度で一線を画していた。リトワックはゾーンディフェンスを巧みに操り、さらにはボックス&ワン戦法を自ら編み出して、1956年と1958年にオウルズをファイナル4へと導いた


代表的な教え子はハル・リアー(1952-56)とガイ・ロジャース(1954-58)だ。リアーは1956年のファイナル4に導き同大会の最優秀選手賞(Most Outstanding Player)を獲得した。ロジャースも1958年のファイナル4進出を牽引し、その後コンセンサス・オール-アメリカンの1stチームに選出された。現在、それぞれの着用していた#6と#5はテンプル大学の永久欠番となっている。


その後、リトワックは1973年までオウルズを率いた。そして、1976年、リトワックはネイスミスバスケットボール殿堂入りを果たした。

ジョン・チェイニー時代(1982-2006): 熱血漢が5度のエリート8に導く

主な実績
  • エリート8×5(1988、91、93、99、01)

古豪復活(1982-88)

1982年、9シーズンで僅か1回しかNCAAトーナメントに出場できなかったドン・ケイシー(Don Casey)に代わってジョン・チェイニー(John Chaney)がHCに就任した。チェイニーは1978年にチェイニーステイト大学(現チェイニー大学)をNCAA D2のNCAAトーナメント優勝に導いた熱血漢だった。


人生の厳しさを痛い程知っていたチェイニーは規律、チームワーク、遂行力といった人生でも役に立つことを指導の軸としていた。故に、チェイニーが目指したスタイルはこれらが如実にあられるディフェンスに重きを置くスタイルで、後にテンプル大学の代名詞ともなるマッチアップゾーンはまさにチェイニーの教育観を具現化したものだった。


熱血指導の成果は僅か2季目にして既に表れた。1983-84、オウルズはA10を18勝0敗で制覇して久しぶりのNCAAトーナメント出場を果たし、1986-87には最終AP8位と第2シード獲得、そして、翌1987-88にはレギュラーシーズンを26勝1敗で終え、遂にはNCAAトーナメントでも勝ち上がり、エリート8進出を果たした。

ジョーンズ&マッキー(1991-94)

Eddie Jones Fingerroll from the 3pt line (1997) *Greatest layup ever??

テンプル大学のレジェンドはエディー・ジョーンズとアーロン・マッキ―だ。両者は1991~1994年の3年間を共にオウルズとしてプレーし、その後、NBAでも10年以上活躍したプレーヤーである。


ジョーンズとマッキーが在籍していた間、チームは3年連続でNCAAトーナメントに出場(内1回はエリート8)した。その後、両者共に1994年のNBAドラフトでジョーンズは10位でレイカーズに、マキ―は17位でポートランド・トレイルブレイザーズに指名された。


ジョーンズはNBAでは14年間のキャリアで3度のオールスターに輝き、2000年にはオールNBAサードチームにも選ばれた程である。一方のアーロン・マキーは13年間もNBAに留まり続けたソリッドプレーヤーだ。マキ―は2001年には6thマン賞も受賞した。彼はアレン・アイバーソンが最も影響を受けたチームメイトとしても知られている。


加えて、これまた余談だが、ビラノバ大学の2連覇に貢献したジェイレン・ブランソン(ダラス・マーベリックス)の父のリック・ブランソンも彼らのチームメイトだった。

衰退(2001-06)

しかし、21世紀に突入以降、オウルズは勝率5割を超えるのがやっとだった。2006年、チェイニーは引退を発表した。

現地観戦

ホームアリーナ

基本情報

名称: Liacouras Center
住所: 1776 N Broad St, Philadelphia, PA 19121

フィラデルフィアからテンプル大学へは地下鉄でアクセスできる。最寄り駅は地下鉄BSL線のCecil B. Moore駅だ。

チケット

同大はパワーカンファレンスに所属しているため、試合によってはチケットが売り切れる可能性もある。だから、チケットの購入は会場では無く、 TicketmasterStubHubVIVIDSETAS、公式サイト等で事前に購入するのがオススメだ。

カレッジギア

大学のグッズの購入はキャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。


ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。と言うのも、アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。


ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買える。が、品揃えは良くない。時間があれば是非ともキャンパス内or付近のブックストアに立ち寄ることを俄然オススメする。

まとめ

関連記事

ボスウォッシュエリア

参考

Aaron McKie to become Temple head coach in 2019(phillytrib.com)
Temple Owls School History(sports-reference.com)
John Chaney(hoophall.com)
Temple 2019 Basketball Commits(247sports.com)
2020 Pomeroy College Basketball Ratings(kenpom.com)
Harry Litwack(phillyjweishsports.org)
Harry Litwack(hoophall.com)
Athletic History(owlsports.com)

ダイハードオタク話(有料)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました