【徹底解説】プロアマリーグ(西海岸編)

うい。


Bro Institute of Ball&Tripはbroに向けてバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

そして、その他はNBAとNCAA以外のカテゴリーである。

今回は西海岸のプロアマリーグについてだ。

プロアマリーグ(サマーリーグ)

通称: Pro-Am League(Summer league)
開催期間: オフシーズン(5月下旬~8月中旬)の数週間
開催地: 全米各地
参加者: NBA選手、プロ選手、元プロ、大学生、高校生、ラッパーやユーチューバー等
形式: リーグ戦&プレーオフトーナメント
レベル: ピンキリ
観戦: 無料

概要

プロアマリーグ(Pro-Am League)はプロとアマチュア(元プロ、大学生、高校生等)が各自でチームを組んで参加するリーグ戦だ。基本的にプロアマリーグはオフシーズンの夏に行われるためサマーリーグと呼ばれることもある。

開催期間: 5月下旬~8月中旬

基本的にはオフシーズン(5月下旬~8月中旬)の内の数週間で行われている。大会の形式は、最初の数週間でリーグ戦を行った後、リーグ戦の順位に応じたトーナメント表でプレーオフトーナメントを行うことが多い。最終日には決勝戦の他に有名人を招待したオールスターゲームやダンクコンテストが開催される場合がある。

開催地: 全米各地

主な大会と開催地
  • ダイクマン(ニューヨーク)
  • グッドマンリーグ(ワシントンD.C.)
  • ケナーリーグ(ワシントンD.C.)
  • ドリューリーグ(ロサンゼルス)
  • ベニスビーチ・バスケットボール・リーグ(ロサンゼルス)

プロアマリーグやサマーリーグは全米各地に星の数ほど存在するが、何年も続いているリーグはほとんどない。多くは数年間で終わるのがザラだ。あるいは残っていても運営組織の変更で名称は変わってしまうことが多い。但し、サマーリーグを探すこと自体は非常に簡単だ。実はNCAAはNCAA D1選手のサマーリーグ参加をNCAAの公認大会だけに制限しているのだが、それ故にNCAAは公認大会を一覧で公開しているのだ。

NCAA Certified Basketball Events

参加者(レベル): NBA選手の参加はレア

主な参加者はGリーガー、その他ヨーロッパやアジアのプロ選手、大学生、高校生だ。実はYouTube等で見かけるNBA選手の参加はレアだ。基本的にNBA選手は1試合のゲスト参加が主で、さらには参加するのは開催地と所縁のある選手であることが多い。最近ドリューリーグではオールサマーで参加するNBA選手もいるが、地域貢献の意識が高い選手のレアケースだ。基本的には主な参加者はNBA未満のプロ選手とNCAA D1の大学生である。

観戦: 無料

プロアマリーグやサマーリーグの観戦は基本的には無料だ。と言うのも、こういった大会は地域貢献の意味合いが強く、普段チケットを購入する余裕が無い貧困地域で暮らす子ども達がNBA選手を間近で見られる機会として開催されているからだ。

プライベートラン

プライベートランは“一般公開無し”の合同練習会だ。近年ではリコ・ハインズ(Rico Hines)がUCLAに多くのNBA選手等を集めて開催しているランが最も有名である。

1995年、マイケル・ジョーダンは超豪華なプライベートランを開催した。当時、ジョーダンは最初の引退からの完全復活を図るべく、オフシーズン中はトレーニングに励みたかったのだが、映画スペース・ジャム(1996)の撮影をブッキングしていたため、夏季中はハリウッドで過ごさざるを得なかった。故に、ジョーダンはワーナーブラザーズの撮影スタジオの駐車場にドーム状の練習施設(通称ジョーダンドーム)を組み、そこにスーパースター達を集めて合同練習を行ったのだ。

ドリューリーグ(カリフォルニア州ロサンゼルス)

概要

ドリューリーグはカリフォルニア州ロサンゼルスで開催されている西海岸の老舗リーグだ。最大の特徴は近年で最も参加選手が豪華な点である。一般的に現役NBA選手がプロアマリーグに参加するのはゲスト参加が多いが、ドリューリーグの場合はデマー・デローザンやモントレルズ・ハレルのような地元出身選手が1シーズンで何試合も参加している。しかも、参加者の数もかなり多い。元NBA選手、プロプレーヤー、カレッジスター、ス―パ高校生等も参加している。

歴史

アルビン・ウィルス時代(1973-83)

設立者

1973年、ドリューリーグはチャールズ・ドリュー中学校の卒業生大会に端を発している。開催のきっかけは発起人アルビン・ウィルス(Alvin Wills)が同校でバスケットボールを指導する中で「若者達がバスケットボールを通じて人格形成や人生訓を学べる場所を創出したい」と考えたことだ。

ザ・オリジナル・シックス

ザ・オリジナル・シックス
  • ギャッサーズ(Gassers)
  • ランニング・ラベルズ(Running Rebels)
  • シック・ユニーク(Chic Unique)
  • ハニーズ・ホーネッツ(Honey’s Hornets)
  • ザ・ネイバフッド(The Neighborhood)
  • ディーノ・ドリーマーズ(Dino Dreamers)

ザ・オリジナル・シックスはドリューリーグの発足時から存在する6チームだ。

ディノ・スマイリー時代(1984-現在)

二代目コミッショナー

そして、1985年、二代目運営者ディノ・スマイリー(Dino Smiley)が「地元の若者達を正しく導くためにはロールモデルを見せることが必要だ」と考えて積極的に地元出身のNBA選手やカレッジスターに参加を呼びかけたことで現在の原型が完成した。

東西対決

ドリューリーグ内には東西のライバル関係が存在する。実はサウスセントラル地区は国道110号線を境に東西に分かれている。

ライバルリーグ

ジョー・ウィークリーズ・ラン・シュート&ダンク・リーグ(Joe Weakley’s Run Shoot&Dunk League)はサウスセントラルの西側のケーンショーに存在していたリーグだ。ケンショーリーグはプロケッズとコンバースからのサポートも有って当時はドリューリーグよりも盛り上がっていた。

会場の変更

2007年、ドリューリーグはワシントン公園の体育館に会場を変更した。当時、リーグは規模が拡大し、大きな収容人数を誇る会場が必要になっていたのだが、ちょうどその時にワシントン公園が体育館を改修し終えて新しくなっていた。

NBAロックアウト(2011)
主な出来事@ドリューリーグ(2011)
  • ケビン・デュラントの参加
  • レブロン・ジェームスの参加
  • コービー・ブライアント vs. ジェームス・ハーデンの大熱戦
  • ドリューリーグ vs. グッドマンリーグ

2011年、NBAのロックアウトが選手達のプロアマリーグ参加を促した。一般的にNBA選手達は契約でサマーリーグへの参加が制限されているのだが、ロックアウト期間中は契約に縛られず、一方ではNBA関係の施設の利用ができないため、こぞってサマーリーグやイベントに参加した。そして、ドリューリーグではケビン・デュラント、レブロン・ジェームス、コービー・ブライアント、ジェームス・ハーデンらが参加し、さらにはグッドマンリーグ(ニューヨークのプロアマリーグ)とドリューリーグとの東西対決も開催された。

レジェンド

キャスパー・ウェアSr

キャスパー・ウェアSrは選手とコーチのどちらでもドリューリーグに貢献した功労者だ。ウェアはNBA入りこそ果たせなかったが、引退後はチーターズのコーチとしてドリューリーグに参戦し、直近の2021年にはドリューリーグ代表(LAチーターズ)を率いてTBT(The Basketball tournament)に参戦する立場になっている。

息子のキャスパー・ウェアJrは、地元の古豪ロングビーチステイト大学でプレーした後、最近は豪NBLでオールスター選出される程の活躍を見せている。

バイロン・スコット

誠意制作中

クレアランス・ワーシップ

クレアランス・ワーシップ(Clarence “Clank” Worship)はドリューリーグのMVP名となっている選手だ。ワーシップは1989年にドリューリーグMVPに輝いたが、後日、交通事故によって命を落としてしまった。

ケビン・ダンドリッジ

ケビン・ダンドリッジ(Kevin Dandridge)は1990年に惜しくも地元ギャングの銃弾を浴びて命を落とした元有望選手だ。現在、ドリューリーグは最も感動的だった選手(Most Inspirational Player Award)にケビン・ダンドリッジの名を冠した賞を贈っている。

レイモンド・ルイス

レイモンド・ルイスは西海岸の最初のストリートボールレジェンドの1人だ。


ルイスは高校時代にUCLA、南カリフォルニア大学、ロングビーチステイト大学等計250校以上からのオファーを不正な金品の授受の発覚で台無しにし、無名のカリフォルニア”ステイト”大学ロサンゼルス校に進学することになったのだが、大学2年次の1972-73に平均得点第2位の32.9点を記録し、直後のNBAドラフトでフィラデルフィア・セブンティーシクサーズから1巡目18位で指名を受け、実質的に最初の下級生指名選手の1人となった。


しかし、ルイスはルーキーキャンプでダグ・コリンズ(1972年ミュンヘン五輪代表メンバー&全体1位指名)よりも目立った活躍を見せたものの、素行不良から球団と対立し、1973-74は球団に帯同しないことになり、最終的にはNBAはおろか他リーグでもプロとしてプレーすることはなかった。


そして、ルイスはNBAスター選手並みの実力がありながら犯罪で生計を立てつつ、1980年代半ばまで地元のサマーリーグでプレーする生活を送り、ストリートボールレジェンドとなった。

1973年は下級生は経済困窮者以外はドラフトにエントリーできなかった。同年、ビル・ウォルトン(UCLA)やデビッド・トンプソン(NCステイト大学)ら合計11名がハードシップでのアーリーエントリーを申請したが、結局はエントリー資格が下り、なお且つ実際に高順位で指名されたのはレイモンド・ルイスだけだった。

バロン・デイビス

バロン・デイビスは最もドリューリーグを愛している人物の1人だ。デイビスは自らが監督となってドリューリーグの歴史を紐解くドキュメンタリー映画を撮影した。

ケニー・ブルーナー

ケニー・ブルーナー(バッド・サンタ/ザ・バッド・ワン)はAND ONE MIXTAPE TOURの一員として活躍したストリートレジェンドだ。


ブルーナーは高校時代にバロン・デイビスと同等の評価を獲得し、進学先のジョージタウン大学でも大活躍を見せてNBAにも手が届く位置にいたのだが、チームの規則違反で僅か数カ月で退部となり、転落人生が始まった。デイビスはUCLAで目覚ましい活躍を見せていたが、一方、ブルーナーはNCAA D1フレズノステイト大学に拾われるも強盗と恐喝容疑の逮捕で退学となり、3校目のロサンジェルス市短大でも強盗と殺人の容疑で逮捕されて遂には収監されるまでに至ってしまった。


そして、ブルーナーは非常に危うい状態に陥ってしまった。幸い、殺人の罪状が取り下げられたため、収監は数カ月間で済んだのだが、カリフォルニア州はスリーアウト制を採っているため、次の三度目の逮捕が起こった場合、その罪の程度に関わらず長期の懲役行きが濃厚だったのだ。しかも、そんな中でブルーナーはサンタモニカ短大を直ぐに辞めてしまった。


しかし、ディーノ・スマイリーがブルーナーをバスケットボールに留めた。そして、ブルーナーはドリューリーグでさび付いていないことを証明し、1999-2000にNCAA D1サザンアイダホ大学で約2年振りの大学復帰を果たし、その後はプロプレーヤーとして成功を収めることとなった。

フランク・セッションズ

誠意制作中

アクセス

基本情報

名称: Drew League
期間: 6月~8月上旬
会場: King Drew Magnet High School
住所: 1601 E 120th St, Los Angeles, CA 90059
HP: http://www.drewleague.com/

その他

ザ・ゲームとクリス・ブラウンはドリューリーグでプロ選手と相対できる程にバスケが上手い。上記の動画では前者は試合中にボースハンドダンクを披露し、後者はコートをドリブルで駆け上がってジョン・ウォールへのアリウープを演出している。

ベニスビーチ・バスケットボール・リーグ(VBL)

概要

VBL()はチルな雰囲気のサマーリーグだ。参加者は主にプロ、大学生、高校生だが、残念なことにNBA選手の参加はほとんど無い。実質的に現地観戦の価値があるのは千秋楽だけだ。最終日はリーグの決勝戦の他にプロダンカー達によるダンクコンテストやセレブリティーゲームも行われる。

その他

セレブリティの参加

地域活動

VBLは地域活動に積極的だ。例えば、2019年にニスピー・ハッスルが銃殺された際、VBLは地元の小学校にニスピー・ハッスルの似顔絵がペイントされたコートを作り、最近では別の小学校の屋外コートを宇宙が描かれたコートに改修している。また、ニック・アンサムとクリス・ステイプルズは上記の動画で粗大ごみからフープを作って街角に設置する活動を行っている。

歴史

NOBC

ナショナル・アウトドア・バスケットボール・チャンピオンシップ(National Outdoor Basketball Championship)はVBLの前身となった大会だ。NOBCは1981年から毎年レイバーデイ(毎年9月第一月曜日)の週末にベニスビーチで開催されていたトーナメントだ。

ケン・ヒックス

ケン・ヒックス(Kenn Hicks)はNOBCの発起人だ。ヒックスは元々はニューヨークから移住してきたのだが、同大会を続ける中で次第に”ストリートボール界のゴッドファザー”としてロサンゼルスのストリートボールの顔的存在となり、最終的にはロサンゼルス市長からの表敬を受けるまでに至った。

ロン・ビール
ニック・アンサム(VBL)

ニック・アンサム(Nick Ansom)はNOBCを引き継ぐ形でVBLを発足した人物だ。アンサムもロサンゼルスとは縁も所縁も無い人物だが、バスケットボールに対する情熱と映像関係の業務全般をこなせる能力からNOBCからVBLへの移行を成功させた。

アクセス

基本情報

名称: Venice Basketball League
会場: LA各地
日程: 6月~8月中旬
住所: https://veniceball.com/

シアトル(ワシントン州)

Pro-Am league: ジャマール・クロフォード主催!!

基本情報

会場: Seattle Pacific University
住所: 3307 3rd Ave W, Seattle, WA 98119

クロスオーバー・プロ-アマ・リーグ(Crawsover Pro-Am League)はシアトル出身のスター選手ジャマール・クロフォードが主催しているサマーリーグだ。会場はシアトルのダウンタウンから5km程離れた住宅地にあるシアトル・パシフィック大学(Seattle Pacific University)、ダウンタウンからはローカルバスで行ける。

サンフランシスコ(カリフォルニア州)

SF Pro Am

基本情報

名称: San Francisco Bay Pro Am Basketball League
会場: Kezar Pavilion
住所: 755 Stanyan St, San Francisco, CA 94117
HP: http://www.sanfranciscoproam.com/

SF Pro-Amは1979年から続く老舗のプロアマリーグだ。過去には地元出身のゲイリー・ペイトンやジェイソン・キッドからウォリアーズのステフィン・カリー等、ベイエリアに所縁のある選手を中心に多くのNBA選手がゲスト参加していた。


しかし、近年はNBA選手はほとんど参加していないようである。俺達が確認している限りでは2017年にデイミアン・ジョーンズとジョーダン・ベルが参加したのが最後で、最近はBALL IS LIFEなどのメディアから動画が出ることもなくなってしまった。

フェニックス(アリゾナ州)

Got Game in the Valley Pro Am

基本情報

名称: Got Game in the Valley Pro Am
日程: 夏
場所: Powerhouse Gym
住所: 4600 E Cotton Gin Loop, Phoenix, AZ 85040 アメリカ合衆国
HP: https://www.gotgameinthevalley.com/

ほとんど知られていないが、実はフェニックスには結構豪華なGot Game In the Valley Pro-Amと呼ばれるサマーリーグが存在する。2017年はデビン・ブッカーとエリック・ブレッドソーの元サンズデュオとNBAモノマネでお馴染みのBdotAdot、2018年はアマレ・スタウダマイヤーやタイラー・ウリス、2019年はトニー・ローテンJrが参加している。

ポートランド・プロアマ・サマー・リーグ

誠意制作中

その他

ロックアウト・リーグ

ザ・インパクト・ バスケットボール・ コンペティティブ・トレーニング・シリーズ(The Impact Basketball Competitive Training Series)は2011年9月13~23日のNBAロックアウト中にラスベガスで開催されていた大会だ。同大会はNBAトレーナーのジョー・アブナサー(インパクト・バスケットボール社)がコミッショナーとなり、NBA選手達を7~8人で1チームとして合計8チームを作り、競争力の高い試合環境を作った。ちなみに、同大会は各試合500名程度のチケットを用意して観客動員も行っていた。。

まとめ

  • ドリューリーグ(ロサンゼルス)
  • VBL(ロサンゼルス)
  • Crawsover Pro-Am League(シアトル)
  • SF Pro-Am(サンフランシスコ)
  • Got Game in the Valley Pro Am(フェニックス)

現在、西海岸のプロアマリーグは上記の5つだ。但し、プロアマリーグは1シーズン限りの開催も多いため突発的にどこかで開催される可能性は十分にある。

関連記事

カリフォルニアエリア

夏に行ける

現地観戦術

参考

INSIDE THE JORDAN DOME(air.jordan.com)
the history(drewleague.com)
Inside LA’s Summer Pro-Am Hoops Institutions, the Drew League and Venice Beach(bleacherreport.com)
RAYMOND LEWIS L.A. LEGEND(raymondlewis.com)
11 College Cagers Are ‘Hardship’(news.google.com)
The Galaxy Court is Born(veniceball.com)
‘Lockout League’ Is Set to Tip Off in Las Vegas(nytimes.com)

Ball Otaku Bros

全コンテンツは以下の見地に基づいている。

1. Bro
批判的思考
(×好き嫌いや感情論)
2. Investigator
徹底的な調査
(×妄想や思い込み)
3. Nerd
幅広い知識と視点
(×薄っぺらい受け売り)

俺達はこれをもってしてバスケに対するロイヤリティを示す。

Ball Otaku Brosをフォローする

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました