【現地観戦案内】「コービーとチェンバレンを育てた」フィラデルフィア(ペンシルベニア州)編

うい。


Bro Institute of Ball&Tripはbroに向けてバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

そして、「現地観戦案内」はバスケに特化したガイドブックである。

今回はフィラデルフィアについてだ。

フィラデルフィア(ペンシルベニア州)

総評: 初心者向け

フィラデルフィアは初心者にもオススメだ。

位置

フィラデルフィアはアメリカ東海岸のニューヨークとワシントンD.C.の間にある。標準時間は東部標準時、日本との時差は-14時間だ。

快適度: ★★★★

規模公共交通機関気候
(11~3月)
観光都市地下鉄
ローカルバス
最高気温: 15℃
最低気温: -3℃
詳細

フィラデルフィアは大都市だ。宿泊施設、レストラン、ドラッグストアは充実している。公共交通機関も地下鉄がある。フィラデルフィア国際空港とダウンタウン間は本数は少ないがエアポートラインで移動ができる。だから、衣食住+足で困ることは無い。気候はやや寒い。

渡米前に会員登録とアプリのダウンロードを忘れずに!!
Bro's Knowledge
Bro’s Knowledge

UBERの場合、俺の招待コード「yydotb」を打ち込めば、初ライド時に$10~25程度割引が適用されるはずだ。

アクセス: ★★★★

飛行機空港長距離バス
鉄道
直行便無しフィラデルフィア国際空港Greyhound
Megabus
Peter Pan Bus Line
Amtrak
飛行機

フィラデルフィアへのアクセスは良好だ。日本とフィラデルフィアの直行便は無い。

国内線(カナダ含む)の充実度抜群!!
片道相場0.8~2.5万円位
長距離バス&鉄道

ニューヨークとワシントンD.C.のどちらからでも陸路(長距離バス or 鉄道)で行くことができる。長距離バスはグレイハウンド、ピーターパン、メガバスがフィラデルフィア行きのバスを運行している。

長距離バスと鉄道の比較サイト!!

観光: ★★★★★

フィラデルフィアは観光都市だ。同市は1776年にアメリカが大英帝国から独立した際の首都だったため、当時の歴史的建造物が多く存在している。そして、フィラデルフィアはロッキーの舞台としても有名だ。フィラデルフィア美術館前の階段、イタリアンマーケット、アパート、地下鉄の高架下など、何ともない場所がロッキー人気のおかげで観光地と化している。

フィラデルフィアのバスケットボール

NBA フィラデルフィア・セブンティーシクサーズ

NBAフィラデルフィア・セブンティーシクサーズはNBAで最も勢いのあるチームだ。ベン・シモンズとジョエル・エンビートという2人の若きスーパースターは現地観戦で十分におつりがくる。

【NBA】フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
NBAフィラデルフィア・セブンティーシクサーズの現地観戦について紹介!!

NCAA: ビッグ5(シティー6)

フィラデルフィアにはNCAAディビジョンⅠに所属している大学が6校もある。これら6校はシティー6、あるいはドレクセル大学を除いた5校はビッグ5と呼ばれている。ビッグ5の5校は毎年ノンカンファレンスシーズンに大会を行っている。18-19シーズンは前年度NCAAチャンピオンにも輝いた超強豪のビラノバ大学を破って4戦全勝でペンシルベニア大学が優勝した。

【NCAA】ビラノバ大学
2016年と2018年にNCAAトーナメントを制覇した超強豪のビラノバ大学を紹介!!
【NCAA】テンプル大学
最初期にバスケ部に力を入れ始めて歴代トップ10前後の勝利数を誇る超古豪テンプル大学を紹介!!
【NCAA】フィラデルフィアのミッドメジャー4校
St.ジョセフズ大学、ラセール大学、ドレクセル大学、ペンシルベニア大学を紹介!!

高校

アイバーソン・ラウンドボール・クラシック

基本情報

名称: Iverson Roundball Classic
時期: 4月頃
会場: フィラデルフィア
HP: https://iversonclassic.com/

アイバーソン・ラウンドボール・クラシックは2018年から毎年フィラデルフィアで行われている高校生のオールスターゲームだ。高校オールスターゲームと言えば、マクドナルド・オール-アメリカン、ジョーダン・クラシック、ナイキ・フープ・サミットが有名だが、アイバーソン・ラウンドボール・クラシックはこの三大オールスターゲームに勝るとも劣らないプレーヤー達を集めている。

プロアマリーグ(サマーリーグ)

Danny Rumph Classic

基本情報

名称: Danny Rumph Classic
時期: 夏
会場: ラセール大学
住所: 1900 W Olney Ave, Philadelphia, PA 19141
HP: rumphclassic.com

ダニー・ラフ・クラシックはフィラデルフィアのプロアマリーグだ。兎にも角にもNBA選手の参加が多い。ジェームス・ハーデン、ジョン・ウォール、ジェイソン・テイタム、モリス兄弟、ジェイレン・ブランソンなど枚挙に暇が無い。観戦だけだがアレン・アイバーソンやジョエル・エンビートも会場に足を運んだこともある。アクセスは地下鉄BSL線Olney Transportation Center駅から徒歩10分程だ。

The Chosen League

基本情報

名称: The Chosen League
時期: 夏
会場: FiDonce Gym
住所: 3640 G St, Philadelphia, PA 19134
HP: chosenleague.com

ザ・チョーズン・リーグはフィラデルフィア近郊の有望な中高生達がプレーするユースリーグだ。ジェームス・ハーデン、カイル・ラウリー、モリス兄弟、ディオン・ウェイターズ等、その後NBAに辿り着いた選手も数多くいる。アクセスは地下鉄MFL線Allegheny駅から徒歩10分程だ。

プロアマリーグ/サマーリーグ

プロアマリーグ(Pro-Am League)は夏(オフシーズン)にプロとアマチュア(元プロ、大学生、高校生等)が各自でチームを組んで参加するリーグ戦だ。サマーリーグと呼ばれることもある。リーグは全米各地に存在する。最も有名なのはロサンゼルスのDrew Leagueだ。どこのリーグも夏休み(5月下旬~8月上旬)の数週間に10チーム前後でリーグ戦とプレーオフトーナメントを行っている。NBA選手は1試合だけのゲスト参加もあればオールサマーで出場している場合もある。観戦は基本的にどこも無料だ。

歴代のスコアラーを生んだ街

フィラデルフィアはウィルト・チェンバレンとコービー・ブライアントが育った町としても有名だ。

聖地

ローワー・メリオン高校

基本情報

名称: Lower Merion High School
住所: 315 E Montgomery Ave, Ardmore, PA 19003
HP: https://www.lmsd.org/lower-merion/athletics/teams/team-page/~athletics-team-id/594

ローワー・メリオン高校はコービー・ブライアントの母校だ。体育館にはコービー関連の展示品がある。フィラデルフィアのダウンタウンからのアクセスは、地下鉄の30th Street駅から地下鉄に乗り込み、アードモア(Ardmore)駅で下車し、 そこから徒歩10分程だ。

ハンク・ギャザーズ・センター

基本情報

名称: Hank (Eric) Gathers Center
住所: 2501 W Diamond St, Philadelphia, PA 19121

ハンク・ギャザーズ・センターは地元フィラデルフィアのハンク・ギャザーズの名を冠したレクリエーションセンター(体育館)だ。ハンク・ギャザーズは、ロヨラ・メアリーマウント大学3年次に得点(32.7点)とリバウンド(13.2本)でトップの成績を収めたものの、試合中に命を心臓発作で倒れて非業の死を遂げてしまったスター選手である。ちなみに、ピックアップゲームは盛んでは無いようだ。

16thリーグ跡地

基本情報

住所: 15006 W Susquehanna Ave Philadelphia, PA 19132

16番通りコートはかつて最もフィラデルフィアで盛り上がっていたサマーリーグが開催されていた場所だ。通称16thリーグは1980代にスタートした。当初、フィラデルフィアには老舗サマーリーグのベイカーリーグ(Charles Baker Memorial League)が全盛を極めていたのだが、諸事情で子ども達の教育や福祉に舵を切ったため、1990年代半ばからは16thリーグが市内で最もタフなリーグとなり、2004年に経営難に陥るまで盛況を見せた。16thリーグの様子はAND1 MIXTAPE TOURのAOのハイライトに登場している。コート自体は辛うじて現存している。アクセスはダウンタウンから地下鉄やバスだ。

買い物

チームストア

基本情報

名称: Wells Fargo Center
住所: 3601 S Broad St, Philadelphia, PA 19148
営業日: ゲームデイのみ
営業時間: 試合開始2時間前~試合終了後1時間

最も品揃えが豊富なのはウェルス・ファーゴ・センターに併設されているチームストアだ。ただ、シクサーズのチームストアは試合のある日しか営業していない


入店は当日の試合のチケットを持っていなくても可能だが、入店できるのはアリーナの開場までである。アリーナのHPによれば、通常のアリーナの会場時間は試合開始の1時間前なので、実質、約1時間しか入店できないことになる。


チームストアにはスポーツショップでは売っていないチームの4番手位の選手のジャージーも置いてある場合もある。俺が行った2014-15はトニー・ローテンとKJ・マクダニエルズのTシャツがあった(笑)


また、ネクタイやシャツといった普段使いできるアパレルやコップやペンなどの日用品も売っている。これもまたスポーツショップでは中々置いてはいない。日常をチーム色に染めたい場合は、行く以外の選択肢は無いだろう。

NBAの各アリーナにはメインのチームストアに加えていくつものサブストアや出店がコンコース内にあるのだが、実はメインストアとは微妙に品揃えが異なる。例えば、サブストアには過去の選手のジャージーやアディダス時代のTシャツなどがセールになって置いてある。だから、もし興味があって時間が許すのであれば、早めに入場してメインストア以外も行ってみると良い。思わぬ出会いがあるかもしれない。ちなみに、本当に欲しい物はNBAストアで買った方が確実だ。

フットロッカー

​フィラデルフィアにはスポーツ小売大手のフットロッカーがある。人気選手のジャージーやTシャツといった基本的なアパレルだけだが、シクサーズのグッズはここでも買える。フットロッカーはHouse of Hoopsが併設されているチェリーヒルモール店がオススメだ。チェリーヒルモールにはChamp Sportsもある。

ミッチェル&ネス本店

基本情報

名称: Mitchell & Ness Nostalgia Co
住所: 1201 Chestnut St, Philadelphia, PA 19107
HP: https://www.mitchellandness.com/

​実はNBAジャージーのリバイバル版で有名なミッチェル&ネスの本店がフィラデルフィアのダウンタウンにある。マーケットストリートの近くだ。

ブックストア(カレッジストア)

カレッジグッズの購入は各大学キャンパス内のブックストア(カレッジストア)がオススメだ。場所はグーグルマップで「大学名 bookstore」で検索すれば出てくる。ブックストアは書店では無い。ブックストアはアパレルと日用品が売られている雑貨屋だ。アメリカの大学生は基本的に寮やキャンパス付近での生活を強いられるため彼らの生活に必要となるアイテムが置いてあるのである。ちなみに、カレッジのアイテムはアリーナでも買えるが、品揃えは良くない。

宿泊

主な選択肢

  1. NBAチームと同じホテルに宿泊
    高級ホテル
  2. 手頃な価格で宿泊
    ホテル
    モーテル
    ユースホステル
    民泊(AirBnB)
  3. 旅程の都合
    野宿

最適な宿泊施設は各人の願望、予算、旅程で異なる。もしNBAチームと同じホテルに宿泊したい場合、そのチームのチームや選手のSNSの投稿からホテルを割り出して予約する必要があるが、一方、宿泊費を抑えたい場合、ホテル、モーテル、ユースホステル、AirBnBが選択肢になる。そして、野宿は、安全面と健康面から極力避けるべきだが、予算や旅程の都合でやむなしの場合もある。

オススメ!!

実は宿泊料金は予約サイトによって異なるのだが、ホテルズコンバインドは複数のホテル予約サイトの料金を一覧で表示してくれるので、毎回最安料金での予約が可能だ。

まとめ(現地観戦プラン案)

スタンダード(NBAオンリー)型

NBAオンリー型の場合、イースタン・カンファレンスのNBA都市と一緒に周るのが良いと思う。長距離バスで片道数時間で行けるニューヨーク、ワシントンD.C.、ボストンはもちろん、トロント、シカゴ、デトロイト、シャーロットなども飛行機で片道2~3時間程で航空券も1万円程からある。

オタク(カテゴリー不問)型

オタク型であればボスウォッシュエリアを隈なく周るのがオススメだ。

移動手段探し
宿泊予約

関連記事

ボスウォッシュエリア

夏に行ける

現地観戦術

参考

フィラデルフィアにおける平均的な気候(jp.wetherspark.com)
16th and Philly Full Film(youtube.com)
16TH AND PHILLY’ STREETBALL DOCUMENTARY TO DEBUT TONIGHT IN PHILADELPHIA (VIDEO)(slamonline.com)

Ball Otaku Bros

全コンテンツは以下の見地に基づいている。

1. Bro
批判的思考
(×好き嫌いや感情論)
2. Investigator
徹底的な調査
(×妄想や思い込み)
3. Nerd
幅広い知識と視点
(×薄っぺらい受け売り)

俺達はこれをもってしてバスケに対するロイヤリティを示す。

Ball Otaku Brosをフォローする

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました