【NFT】「新時代のトレーディングカード」NBA Top Shot

うい。


Bro Institute of Ball&Tripは北米のバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

そして、その他はNBAとNCAA以外のバスケ界隈全般の解説&紹介のカテゴリーである。

今回はNFTの先駆的存在NBAトップショットについてだ。

概要

ただのハイライト動画

NBA Top Shotは実際は豪快なダンクやブロックといった1プレーを収めた数秒程度のただの動画だ。但し、購入者はそのプレーの権利を有する訳ではない。故に、購入者が動画の権利を利用して印税を得ようとしたり、あるいは他人には見させないように独占することが出来る訳ではない。NBA Top Shotの動画の所有はNBAが公式に発行している動画を所有している意味しかない。つまり、NBA Top Shotの動画はインターネットでいくらでも無料で見られるプレー動画の有料版だ。

ただの動画が高額で取引されている理由

理屈はトレーディングカードだ。トレーディングカードは、ネットで同じ写真を拾って印刷することができるにも関わらず、コレクターやマニア間で高額で取引されている。逆に言えば、ネットで同じ写真を印刷した物がトレーディングカードと同じ価値にはならない。要するに、本物か偽物かに価値があるのだ。

ブロックチェーン: トレーディングカード(データ版)を可能にする技術

そして、近年、NFT(Non-Fungible Token)と呼ばれるブロックチェーンを活用した商品が誕生した。一般的にデータはいくらでもコピー可能な訳だが、NFTはブロックチェーン技術によってデータの生産者や取引回数が一目でわかるようになっている。つまり、そのデータが本物か偽物(コピー)かがハッキリわかるのだ。

現在

NBA Top Shotは「ブロックチェーンで発行元をはっきりさせられることができれば、データにもトレーディングカードゲームの理屈が通じるのでは?」という仮説の下に成立している。現在、NBA Top Shotは数少ないNFTの事例として注目されているのだが、特性が美術品に似ている点などから投機対象としても注目されているため、結果的に高額で取引されている次第となっている。

基本情報

モーメント

動画はモーメント(moment)と呼ばれる。モーメントは「プレー動画」「プレー名(レイアップやダンク等)」「収録パック」「レア度」「シリアルナンバー」「試合の詳細」の記述を含んでいる。所有者はモーメントを自身のアカウントページで見ることができる。

レア度

ティア(Tier)

ティア
  • Common Tier: 1万個以上
  • Rare Tier: 500~5,000個
  • Legendary Tier: 50~500個
  • Fandom Tier: 特定条件下(イベントやプロモーション)の限定レア
  • Ultimate Tier: 将来的な最上級レア(現在発行無し)

ティア(Tier)は所謂レア度だ。現在、ティアは基本的には「コモン(低)」「レア(中)」「レジェンダリー(高)」の3種類となっているが、最近は特定の条件下で登場する「ファンダム」が新たに加わり、さらには将来的には「レジェンダリー」が最上級レアとして発行されることが予告されている。

追加発行の有無

追加発行の有無
  • Circulating Count(CC): 追加発行予定有(コモンのみ)
  • Limited Edition(LE): 追加発行予定無(コモン以外)

※コモンも状況次第でLEに格上げする場合有

加えて、モーメントは発行予定の有無も存在する。「サーキュレイティングカウント」と「リミテッドエディション」の発行予定が記されている。「コモン」は「サーキュレイティングカウント(CC)」と呼ばれる追加発行の状態にあるが、それ以外は「リミテッドエディション(LE)」として最初の発行以降は追加発行の予定がなされない。また、コモンでも選手のモーメント量によってはLEに格上げされる可能性がある。

モーメントは極稀に様々な事情で破棄される場合がある。モーメントの一部に破棄があった場合、そのモーメントの「burned」に破棄された数が記される。

バッジ(badge)

バッジ
  • Rookie Year Badge: 新人シーズン
  • Rookie Premiere Badge: デビュー戦
  • Rookie Mind Budge: 新人時代のビッグプレー
  • Three-Star Rookie Badge: 上記3つを満たした場合
  • Top Shot Debut: モーメント第一号
  • Championship Year badge: 優勝シーズン

さらに、一部のモーメントにはバッジが追加されている。

シリアルナンバー

シリアルナンバーもモーメントの価値の要因になっている。往々にして一桁台やキリ番は高値が付けられている。

モーメントの取引

購入

単品

モーメントの単品購入は公式サイトのマーケットプレイスページでいつでも可能だ。コレクターは「ティア」「選手」「新発売」「パック」等で目当てのモーメントを絞り込んで検索することができる。各モーメントの値段は売り手各々で付けているためまちまちだ。

パック
パック
  • 購入はほぼ事前予約必須
  • 一部のパックは購入に条件有
  • パックの種類
    Common Packs: ランダムに複数個封入
    Rare Packs: レア1+コモン複数個封入
    Legendary Packs: レジェンダリー1+レア3+コモン複数個封入
    Booster Pack: 不明
    Locker Pack: コレクターが放出したモーメント複数個封入

モーメントはパックでも販売されている。パックには複数のモーメントがランダムに封入されている。多くのパックは事前に購入予約が必要だ。パックの発売予告は最低8時間前に公式SNSで告知される。公式も自らSNSアカウントをフォローすることを推奨している。但し、一部のパックは特定の条件をクリアしたコレクターのみしか予約ができない場合もある。そして、多くのパックは数と購入期間に限りがある。

支払方法
支払方法
  • クレジットカード&デビットカード(VISAとマスターカード)
  • 暗号通貨
    ビットコイン(BTC)
    イーサリアム(ETH)
    ビットコインキャッシュ(BCH)
    ダイ(DAI)
    USDコイン(USDC)
  • Dapper Wallet

支払は「クレジットカード」「暗号通貨」「Dapper Walet(NBA Top Shot通貨)」の3種類で可能だ。現在、クレジットカードはビザとマスターカードのみ対応している。クレジットカードの支払いでは手数料が支払額の約5%+¢30が発生する。一方、NBA Top Shotは主要暗号通貨での購入も可能だ。

売却

一方、モーメントはマーケットプレイスに売りに出すことも可能だ。コレクターは各モーメントの「流通数(売り出し中+所有中の数)」「未開封数(未だにパックに封入)」「単体購入不可数」「破棄数(通常は0)」を確認して売却額の参考にすることができる。加えて、相場や過去の取引もチェック可能だ。売上金はDapper Walletに追加される。

交換

そして、コレクターは特定の期間内ではモーメントをトレードチケットと交換することができる。トレードチケットはスペシャルパックの引換券になっている。運営はトレードチケットの目的を市場の活性化のためとしている。

モーメントはギフトとして友人や家族にプレゼントすることも可能だ。

コレクター

モーメント所有者=コレクター

モーメントの所有者はコレクターと呼ばれている。

コレクタースコア

コレクタースコアはコレクションに応じた点数だ。コレクタースコアは「所有しているモーメントのレア度」「パック開封時のボーナス」「チャレンジ(特定の条件を満たす)の達成」によって付加される。コレクターはコレクタースコアに応じて優遇を受けられる場合がある。

ボーラーステータス

ボーラーステータス
  • Street Baller
  • Rook
  • Rising Star
  • Vet
  • Elite
  • All Star

一方、ボーラーステータスはNBA Top Shotの達成度によって与えられるランクだ。

現在、VIPプログラムも試験的に導入されている。VIPコレクターは1年間で一定額以上の購入やコレクタースコアを達成した者だけが選ばれる。VIPメンバーは様々な特典や優遇が受けられる。

パックの購入

予約

2021年4月29日、NBA Top Shotがパックの二弾の予約を急遽1時間だけ行っていた。NBA Top Shotは動画の単品(モーメント)での購入も可能なのだが、モーメントの購入は非常に高額なため中々手が出せずにいた中、急遽数量限定でパックが発売されたのだ。

列に並ぶ(JOIN DROP)

NBAトップショットはログイン直後に即購入可能な訳ではない。まずは列に並ぶ必要がある。

「JOIN DROP」のプッシュ後、待機列がゲージとして左に表示される。プッシュ直後は7937番だった。

数分後、待機順は2517番にまで上昇した。

いざ、購入!!

待機終了後、「JOIN DROP」から「BUY NOW」に変更されたボタンが登場した。

開封

「BUY NOW」のプッシュ直後、パック状態の画面が出現した。

モーメントはブロックの形状をしている設定のようだ。

そして、各ブロックを順次クリックし、モーメントが登場した。中央のウィリー・コーリー-ステインだけはややレア度が高い。

モーメントの売却

モーメントのページに行く

モーメントの売却はそれぞれのモーメントページの「PLACE FOR SALE」を押すだけで可能だ。

値付け

「PLACA FOR SALE」のプッシュ後、売値を付けるページが登場する。

最上部の「PRICING HELPER」は値付けの参考として「直近の売値価格」と「シリアルナンバー順の価格」を提供してくれる。ちなみに、各モーメントには最低価格が設定されている。

売り出し完了

そして、値付け後、問題が確認されなければモーメントは市場に出回る。

売却

約30分後、奇跡的に買い手が見つかった。

そして、先述した通り、売上金はDapper Balanceに追加されていた。

オススメ

楽天カード

基本情報
  • 年会費: 永年無料
  • ブランド: VISA、Mastercard、AMEX、JCB
  • ポイント還元率: 1%(100円につき1ポイント)
  • 海外ショッピング手数料: 1.60~2.00%
  • 海外旅行保険: 利用付帯
  • 入会特典: 数千ポイント付与

どのクレジットカードを作って良いのかわからない場合、取り敢えずは定番オブ定番の「楽天カード」で問題無い。楽天カードは「年会費永年無料」、「ブランド選び放題」、「高いポイント還元率」、「入会時に数千ポイント付与」と作らない理由が無い。しかも、楽天ポイントは吉野家やマックなどでも貯まる。そして、かく言う俺も数年前の入会時の数千ポイント付与に誘われて作った口だが、楽天カードは作成時に数千ポイントが付与される。

ソラチカカード

基本情報
  • 年会費: 2200円(初年度無料)
  • ブランド: JCB
  • Oki Dokiポイント
    5 or 10ANAマイル/1000円
  • メトロポイント
    東京メトロの乗車(5~15P/回)
    加盟店や自販機でのPASUMO支払い(1P/100~200円)
    →100P=90ANAマイル
    ※1P=1円でPASMOにチャージ可
  • 入会特典: 数千ANAマイル

ソラチカカードは東京近郊在住者にオススメの1枚だ。最大の特徴はJCBのOki Dokiポイントと東京メトロのメトロポイントの2つのANAマイル変換可能ポイントが貯まる点である。まず、ソラチカカードではOki Dokiポイントの代わりにANAマイルが付与される。次に、付帯のPASMOを東京メトロの乗車やメトロポイントPlus加盟店や自動販売での支払いに利用することでメトロポイントが貯まる。メトポは100Pで90ANAマイルに変換できる。一方、注意点はブランドが北米ではほとんど使えないJCBしかない点だ。だから、専らソラチカカードは日本でマイルを貯めるためだけの利用になる。

イオンJMBカード

イオンJMBカードはイオンヘビーユーザーにオススメだ。最大の特徴はイオン系列店の利用でJALマイルが貯まる点である。JALマイルは通常はクレジットカードショッピング or WAON(イオンの電子マネー)の利用額200円毎に1JALマイルが貯まる。「お客様わくわくデー(毎月5、15、25日)」にイオン系列店で買い物をした場合は200円毎に2JALマイルが付与される。加えて、ブランドは「VISA」「MASTER CARD」「JCB」から選べる。だから、旅行先でも利用が可能だ。さらには、年会費も無料である。

その他

ボストン・セルティックス

2021年7月、ボストン・セルティックスはNBA Top Shotとは別に独自のNFT「ヘリテージ・NFT・コレクション(Heritage NFT Collection)」を発表した。ヘリテージ・NFT・コレクションはOpneSeaで購入可能だ。取引はイーサリアム(ETH)のみとなっている。

ボーラーTV×パンゴス・オール-アメリカン・キャンプ

2020年、ボーラーTV(BallerTV)とパンゴス・オール-アメリカン・キャンプは高校生のNFTの作成を発表した。パンゴス・オール-アメリカン・キャンプは毎年夏に有望な高校生120名を招待して行われるショーケースイベントだ。現在、全州の高校体育協会が選手が収入を得ることを認めている訳ではないため、収益は選手が高校卒業した後に渡される予定となっている。

まとめ

  • NBA Top Shot: トレーディングカードのデータ版
  • ブロックチェーン技術
    →データの出処や経歴が明白=本物と偽物の区別が容易
  • NFT: ブロックチェーンによって誕生した商品
  • 現在はNFTの先駆として注目されている

NBA Top Shotは「ブロックチェーンで発行元をはっきりさせられることができれば、データにもトレーディングカードゲームの理屈が通じるのでは?」という仮説の下に成立している。現在、NBA Top Shotは数少ないNFTの事例として注目されているのだが、特性が美術品に似ている点などから投機対象としても注目されているため、結果的に高額で取引されている次第となっている。

関連記事

参考

‘This is the future’: NBA Top Shot and the dizzying world of digital collectibles(espn.com)
NBA Top Shot(support.nbatopshot.com)
Own a piece of Celtics history.(nft.celticsdigital.com)
BallerTV x Pangos All-American Camp Introduce NFT Revenue Stream for High School Athletes(nftnewswire.com)

Ball Otaku Bros

全コンテンツは以下の見地に基づいている。

1. Bro
批判的思考
(×好き嫌いや感情論)
2. Investigator
徹底的な調査
(×妄想や思い込み)
3. Nerd
幅広い知識と視点
(×薄っぺらい受け売り)

俺達はこれをもってしてバスケに対するロイヤリティを示す。

Ball Otaku Brosをフォローする

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました