新時代のNBAの楽しみ方-公式NFT

概要

概要
  • NFT: 真贋の区別可能なデータ
  • NBAのNFT
    NBA公式
    半数以上球団
    その他
  • 場所: NFTマーケットプレイス
  • 通貨: 米ドル/仮想通貨

現在、多くのNBAのNFTが発行されている。NFTはブロックチェーンによって本物 or 偽物(コピー)の区別が可能なデータだ。世の中には「本物 or not」で大きく価値が違う。例えば、トレーディングカードは、ネットで同じ写真を拾って印刷することができるにも関わらず、高額で取引されている。つまり、NFTは「データにも”本物”には価値が発生するのではないか?」という仮説の下で成立している。

基礎知識(NFTの取引方法)

NFTマーケットプレイス: NFT市場

NFTは「自社サイト」or「NFTマーケットプレイス」で取引されている。NFTマーケットプレイスは読んで字のごとくNFTの市場だ。現在、NFTマーケットプレイスは世界中で相次いで勃興している。ユーザーはNFTマーケットプレイスにNFTを購入-売却-出品できる。多くのNFTは法定通貨の米国ドルで値付けされていためクレジットカード払いが可能だ。一方、一部のNFTは仮想通貨での支払いに限定されている。

Bro's Knowledge
Bro’s Knowledge

NBA系NFTの代表的存在「NBA Top Shot」と「Sorare」は共にNFTの取引を自社サイトのみに限定している。つまり、両者のNFTはNFTマーケットプレイスに出回らない。

NFTの購入方法(クレジットカード)

基本情報
  • 年会費: 永年無料
  • ブランド: VISA/Mastercard/AMEX/JCB
  • 主な使い方
    楽天サービス: 数%(SPU)
    楽天加盟店: 2~2.5%(楽天Pay+楽天カードチャージ+楽天Pカード提示)
    他P店舗: 2~2.5%(楽天Pay+楽天カードチャージ+他Pカード提示)
  • 入会特典: 2,000~5,000P

最も定番のNFT取引の支払い方法はクレジットカードだ。クレジットカードは楽天カードで良い。兎にも角にも普段使いでポイントが貯まる。楽天Pは「楽天Pay(1%)+楽天カードチャージ(0.5%)=1.5%」+「加盟店→楽天ポイントカード提示(0.5~1%)/他ポイント店→他ポイントカード提示(0.5~1%)」の三重取りで還元率2~2.5%以上になる。入会特典やSPU(スーパーポイントアッププログラム)の還元率アップやボーナスポイントもある。そして、年会費は無料だ。

今なら入会特典5,000P!!

NFTの購入方法(仮想通貨)

NFTの購入方法(仮想通貨の場合)
  1. 仮想通貨の購入@仮想通貨取引所
  2. 仮想通貨の移動(仮想通貨取引所口座→ウォレット)
  3. NFTの購入@NFTマーケットプレイス
仮想通貨の購入@仮想通貨取引所

仮想通貨は仮想通貨取引所で購入可能だ。仮想通貨取引所は国内外で無数に存在する。NFT購入のための仮想通貨購入の場合、仮想通貨取引所は「取引手数料」と「入金手数料」で選ぶのが良い。

Bro's Knowledge
Bro’s Knowledge

NBAではすっかりおなじみのcoinbase(NBAのパートナー企業)、FTX(FTX・アリーナ@マイアミ)、crypto.com(クリプトドットコム・アリーナ@LA/シクサーズのジャージーパッチ)は仮想通貨取引所とNFTマーケットプレイスの運営企業だ。

ウォレット: 仮想通貨の保管場所(アプリ)

ウォレットは仮想通貨の保管場所だ。NFTの購入はウォレット内の仮想通貨で支払いが行われる。そのため、仮想通貨を「仮想通貨取引所口座→ウォレット」に移す必要がある。逆に言えば、仮想通貨取引所の口座の仮想通貨でのNFT購入は不可能だ。そして、現在、海外のNFTマーケットプレイスは日本産ウォレットに対応していない。必然的に選択肢はMetaMaskやCoinbase Walletになる。

Bro's Knowledge
Bro’s Knowledge

最初の仮想通貨でのNFT購入の場合、コインベースでも良いだろう。コインベースは「仮想通貨取引所(日本語)」「ウォレット」「NFTマーケットプレイス」の全てを持っている。

仮想通貨の両替(スワップ)

仮想通貨の両替はウォレットのスワップ機能等で簡単に可能だ。具体的にはスワップはイーサリアムのラッピング(ETH→WETH)で必要になる。一部のアイテムは「イーサリアムが規格の違い上の理由でNFTの取引に使用できないため」ラップドイーサリアム(WETH)での支払いに設定されている。一方、多くの場合、アイテム代はWETHでもガス代の支払いはETHのままである。つまり、NFTのWETHでの購入時には「商品代分のWETH」と「ガス代分のETH」が必要になる。

手数料
主な手数料
  1. 仮想通貨購入@仮想通貨取引所
    取引手数料
    振込手数料(銀行振込時)
  2. 仮想通貨移動(取引所口座→ウォレット)
  3. NFT購入(通称ガス代)

仮想通貨でのNFT売買は複数の手数料が発生する。まず、多くの仮想通貨取引所は仮想通貨購入時に取引手数料(+支払方法が銀行振込の場合は振込手数料)を設けている。次に、「仮想通貨取引所口座→ウォレット」の仮想通貨の移動に手数料が発生する場合もある。そして、NFT購入時の手数料として数百円分の通称”ガス代”が掛かる。つまり、合計1500円程度の手数料が発生する。

The Association(NBA)

The AssociationはNBAの公式NFTだ。同アイテムは2022年4月にNBAプレーオフ開幕に際して「先着3万名に1個分の発行権配布→合計28,951個発行」で登場した。各アイテムにはプレーオフ進出16球団所属選手1人が描かれている。渡邉雄太選手(トロント・ラプターズ所属)のアイテムも126個が発行されている。現在、数千点がOpenSea等に出回っている。

https://opensea.io/ja/collection/the-association-nft

NBAチームのNFT

チームマーケットプレイス(通貨)
ボストン・セルティックスOpenSea(ETH/WETH)
ブルックリン・ネッツ
ニューヨーク・ニックスSweet(米ドル)
フィラデルフィア・セブンティーシクサーズcrypto.com(米ドル)
トロント・ラプターズDrop Shop(加ドル)
チームマーケットプレイス(通貨)
ワシントン・ウィザーズOpenSea(ETH/WETH)
FTX(米ドル)
シャーロット・ホーネッツmint(米ドル)
アトランタ・ホークス自サイト(米ドル)
オーランド・マジック
マイアミ・ヒートFTX(米ドル)
チームマーケットプレイス(通貨)
シカゴ・ブルズmint(米ドル)
coinbase(ETH/WETH)
ミルウォーキー・バックスOpenSea(ETH/WETH)
Sweet(米ドル)
インディアナ・ペイサーズ
クリーブランド・キャバリアーズSweet(米ドル)
デトロイト・ピストンズMetabilia(米ドル)
チームマーケットプレイス(通貨)
ポートランド・トレイルブレイザーズOpenSea(ETH/WETH)
ミネソタ・ティンバーウルブス
オクラホマシティ・サンダー
ユタ・ジャズCoinZoom(米ドル)
デンバー・ナゲッツ
チームマーケットプレイス(通貨)
ダラス・マーベリックス自サイト(米ドル)
ヒューストン・ロケッツ
メンフィス・グリズリーズ
ニューオーリンズ・ペリカンズ
サンアントニオ・スパーズOpenSea(ETH/WETH)
チームマーケットプレイス(通貨)
ロサンゼルス・レイカーズ
ロサンゼルス・クリッパーズ
フェニックス・サンズ
サクラメント・キングスMagic Eden(SOL)
OpenSea(ETH/WETH)
ゴールデンステイト・ウォリアーズOpenSea(ETH/WETH)
FTX(米ドル)

現在、半数以上の球団が何かしらのNFTを発行している。また、2021年10月時点で全24球団がsocios.comとパートナーシップを締結している。同社はブロックチェーン技術を用いてファンとスポーツチームの関係構築を得意とした企業だ。近い将来、多くのチームがNFTを発表するだろう。

その他

チームマーケットプレイス
スラム誌OpenSea(ETH/WETH)
BIG3

スラム誌はザイオン・ウィリアムソンとのコラボアイテムを展開している。

まとめ

概要
  • NFT: 真贋の区別可能なデータ
  • NBAのNFT
    NBA公式
    半数以上球団
    その他
  • 場所: NFTマーケットプレイス
  • 通貨: 米ドル/仮想通貨

現在、多くのNBAのNFTが発行されている。NFTはブロックチェーンによって本物 or 偽物(コピー)の区別が可能なデータだ。世の中には「本物 or not」で大きく価値が違う。例えば、トレーディングカードは、ネットで同じ写真を拾って印刷することができるにも関わらず、高額で取引されている。つまり、NFTは「データにも”本物”には価値が発生するのではないか?」という仮説の下で成立している。

関連記事

NBAの楽しみ方2.0

新時代のNBAの楽しみ方-スポーツベッティング
NBAのスポーツベッティングについて紹介&解説!!
新時代のNBAの楽しみ方-NBA Top Shot
NBA Top Shotについて紹介&解説!!
新時代のNBAの楽しみ方-ソラーレ(Sorare)
NFT×ファンタジースポーツについて紹介&解説!!
新時代のNBAの楽しみ方-公式NFT
NBAの公式NFTの紹介&解説!!

映像作品

【Netflix】「バスケが全て(Basketball or Nothing)」解説
Netflixのオリジナルドキュメンタリー「バスケが全て(Basketball or Nothing)」を解説!!
【Netflix】「ラスト・チャンス(バスケ編)」解説(ネタバレ無し)
Netflixのオリジナルドキュメンタリー「ラスト・チャンス(バスケ編)」を解説!!
【Netflix】「ラスト・チャンス(バスケ編)」解説(ネタバレ有り)
登場人物の過去&その後や作中の出来事や発言の解説
「モア・ザン・ア・ゲーム」解説
レブロン・ジェームスの中学高校時代を振り返るドキュメンタリー作品「モア・ザン・ア・ゲーム」を解説!!

その他

”マッチ”マッドネス
コロナでカオス化したカレッジバスケットボールの2020-21シーズンの振り返り

参考

NBA launches dynamic NFTs for fans(ledgerinsights.com)
Own a piece of Celtics history.(nft.celticsdigital.com)
Hornets to Launch 2nd Commemorative Ticket NFT for Tonight’s State Farm Play-In Tournament Game(nba.com)
Hornets Bring Back Commemorative NFT Game Tickets for “Hive 75 Nights” During 2021-22 Season(nba.com)
Golden State Warriors announce new NFT collection(nba.com)
Golden State Warriors become first pro team to launch NFT collection(nba.com)
24 NBA Franchises have now joined Socios.com’s mission to enhance global fan engagement(socios.com)
NBA Signs Coinbase as Exclusive Cryptocurrency Sponsor(sporttechie.com)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました