【限定】最近のバスケ界のブランディング傾向

うい。


Bro Institute of Ball&Tripはbroに向けてバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

そして、ニュースはバスケットボール界隈で社会問題とビジネスの話題についてのカテゴリーである。

と言うことで、今回はラッパーとバスケットボールのコラボについてだ。

概要

  • ネッツとラプターズがラッパーのセンス拝借に成功!!
  • 強豪高校やバスケメディアもラッパーとのコラボ開始
  • ピストンズ×ビッグ・ショーンも始動

近年、ラッパーとバスケットボールの距離が近くなっている。


最大の理由は2010年代にブルックリン・ネッツとトロント・ラプターズがラッパーのクリエイティビティを借りてブランディングに成功したことだ。


ブルックリン・ネッツは本拠地移転を機にJAY-Zのセンスでチームカラーを黒と白に変更した。その結果、ネッツは一気にリーグトップのハイセンスなチームへと変貌し、程なくしてネッツのロゴはバスケットボールファンのみならずファッションアイテムとして多くの人に選ばれる存在となった。


一方、トロント・ラプターズは、アイスホッケーと野球の方が人気のある土地柄だったが、ドレイクと手を取り合ってファンベースをじわじわと拡大し、現在ではロサンゼルス・レイカーズ、シカゴ・ブルズ、ボストン・セルティックス、ニューヨーク・ニックスにも劣らない強力な地元の支持を得る事に成功している。


そして、2020年、強豪高校やバスケメディアもラッパーとのコラボを発表する中、デトロイト・ピストンズも地元出身のビッグ・ショーンを迎えてリブランディングを始めた。

有料会員「フラタニティ」
  • 月額300円(税込)
  • 有料限定記事
    ダイハードオタク話、限定記事、先行公開記事、俺達の考え等
  • 毎月3~5万字追加
  • 意見や要望可

同記事の続きは有料会員「フラタニティ」限定の先行公開版(一般公開は数か月後)だ。フラタニティでは「先行公開記事」の他にも「ダイハードオタク話(お蔵入りエピソード集)」「限定記事」「NBAドラフト」「ブラケットロジー」といった毎月3~5万字の新着記事と過去の記事が月額300円で読み放題となっている。無論、俺達はフラタニティメンバーには優しい。追加情報はトップページで確認可能だ。

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました