【現地観戦術】仕組みを理解して賢く使う: ホテル(宿泊編1/5)

うい。


Bro Institute of Ball&Tripはbroに向けてバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

そして、「現地観戦術」は「仕組みを理解して賢く使う」をコンセプトに現地観戦関連の解説&紹介を行っているカテゴリーである。

と言うことで、今回はホテルについてだ。

概要: 宿泊戦略

主な選択肢

  1. NBAチームと同じホテルに宿泊
    高級ホテル
  2. 手頃な価格で宿泊
    ホテル
    モーテル
    ユースホステル
    民泊(AirBnB)
  3. 旅程の都合
    野宿

最適な宿泊施設は各人の願望、予算、旅程で異なる。


もしNBAチームと同じホテルに宿泊したい場合、そのチームのチームや選手のSNSの投稿からホテルを割り出して予約する必要がある。


一方、宿泊費を抑えたい場合、選択肢にはホテル、モーテル、ユースホステル、AirBnB、野宿が選択肢になる。


そして、野宿は、安全面と健康面から極力避けるべきだが、予算や旅程の都合でやむなしの場合もある。

基礎知識: ホテル

ホテルの定義

基本的に人々を宿泊させることを目的として建造物は全てホテルと定義される。

ホテルの種類

  • 高級ホテル(Laxury Hotel)
  • クラシックホテル
  • ブティックホテル
  • ヴィラ・コテージ・バンガロー・シャレー
  • シティホテル

ホテルはコンセプトでいくつかに分類されている。但し、明確な定義は存在しない。


高級ホテルはゴージャスな体験を売りにしたホテルだ。外装、内装、景観、インテリア、施設、食事、ホスピタリティなどが煌びやかになっている。NBAチームが利用するのは高級ホテルだ。


クラシックホテルは、おそらくは和製英語なのだが、日本の定義では第二次世界大戦前に建造された長い歴史を持つホテルだ。クラシックホテルは格付けでは3つ星程度でも値段は高級ホテルと変わらない場合が多い。


ブティックホテルは”インスタ映えには持って来い”な感じのホテルだ。ブティックホテルはデザイナーやオーナーの世界観で設計されている。往々にして客室数が100室程度と少ない。


ヴィラ・コテージ・バンガロー・シャレーはビル型では無くアパートや一軒家のような低階層の宿泊施設のことだ。但し、こういった宿泊施設は南国のリゾート地に多く、現地観戦で訪れるような場所にはほとんど無い。


そして、上記のどれにも当てはまらないホテルが所謂ホテルだ。日本ではシティホテルと呼ばれることもある。

ホテルの格付け

ホテルの格付け

  • エコノミー(星2)
  • スタンダード(星3)
  • スーペリア(星3~4)
  • デラックス(星5)
  • ラグジュアリー(星5+)

結論、ホテルの格付けに世界基準は無い。各メディアが独自の基準で好き勝手に評価しているだけである。故に、評価もダイヤモンドや星など各メディアによって評価単位が異なる。


しかし、一方でざっくりとした評価軸が存在するのも確かだ。大概は「エコノミー」「スタンダード」「スーペリア」「デラックス」「ラグジュアリー」の5つに分類される。星やダイヤモンドもこの5つに置き換えられる。一般的には、エコノミーは必要最低限の設備だけの簡素なホテル、スタンダードはちょっとしたホスピタリティが感じられるホテル、スーペリア以降は外装、内装、景観、インテリア、施設、食事等が優れた所謂高級ホテルとされている。


ちなみに、北米ではフォーブスと全米自動車協会が最も格付けとしての権威が高い。

客室

ベットのサイズと数

サイズ人数
シングル幅1m
長さ2m
1人用
ダブル幅1.5m
長さ2m
2人用
クイーン幅1.6~1.7m
長さ2m
2人用
キング幅2m
長さ2m
2人用
エクストラベッド追加のベッド

客室で最も重要なのがベッドだ。ベッドはサイズと数で宿泊料金に大きく関わっている。サイズは「キング>クイーン>ダブル>シングル」の順に大きい。

部屋の種類

  • シングル: シングルベッド1台
  • ダブル: ダブルベッド1台
  • ツイン: ベッド2台
  • スウィート: リビングルーム付き

部屋の種類はベッドのサイズがそのまま部屋の種類名になっている。最も注意すべきは「ダブル」と「ツイン」は混同だ。ベッドが2台置いてある部屋はツインルームである。

スイートルームは最上級の客室として誤認されているが、正しくはリビングルームが付いている部屋の呼称である。キッチンや複数の寝室が備わっている部屋もある。だから、豪華さのないスイートルームも存在する。但し、往々にして最上級の部屋はスイート式になっている。

ホテルの値段

多くのホテルの料金は常に変動するダイナミックプライシングが採用されている。料金は各ホテルのブランディング、客室の種類、広さ、ベッドのサイズや数、時期(観光シーズンかどうか)、景観、階数、タイミング、空席状況、流行など様々な要素が関係している。

ホテル内の施設

ホテル内にはラウンジ、カフェ、レストラン、バー、プール、トレーニングルームといった客室以外の施設も充実している。その中にはバスケットボールコートが付いているホテルもある。

チップ

  • 清掃員(ベッドメイキング): $1~5
  • ベルマン(鞄運び): $5
  • コンシェルジュ: $5~20
  • レストラン、ルームサービス、バーの支払い: 支払い総額の15%

チップは仕事内容に応じて相場が異なる。

ホテルの予約

モーテルは事前の予約無しに宿泊することも可能だが、事前に予約していた方が安く済む場合が多く、なお且つフロントデスクで英語でのやり取りが必要になるので、事前予約が良い。予約はホテルズコンバインドがオススメだ。宿泊の料金はサイトによって値段が違うことが多いが、テルズコンバインドは主要なホテル予約サイトの値段を一覧で表示してくれるため、一発でどのサイトから予約するのがベストであるかが分かる。

現地観戦の各種支払いはクレジットカード支払いがオススメだ。と言うのも、マイルやポイントが貯まるからである。陸マイラー(飛行機の搭乗以外でマイルを貯める人種)は賢くクレジットカードを使って得をしている。ちなみに、俺達は、現地観戦にはクレジットカードは必須ということもあって、クレジットカードについて仕組みからオススメのカードまで解説と紹介を行っている。

【現地観戦術】仕組みを理解して賢く使う: クレジットカード
現地観戦に必須のクレジットカードの仕組み解説&オススメ紹介!!

まとめ

結論、各人の願望、予算、旅程で最適な宿泊戦略を取るべきだ。

関連記事

現地観戦術

選手の愛用品

映像作品解説

【Netflix】「バスケがすべて(Basketball or Nothing)」解説
Netflixのオリジナルドキュメンタリー「バスケが全て(Basketball or Nothing)」を解説!!
【Netflix】「ラスト・チャンス(バスケ編)」解説(ネタバレ無し)
Netflixのオリジナルドキュメンタリー「ラスト・チャンス(バスケ編)」を解説!!

参考

Hotel(xotels.com)
ホテルのグレードとは?エコノミー、スタンダード、デラックスの違いは??(travel.co.jp)
世界各国の格付け(5つ星ホテルなど(認定基準)(kankokeizai.com)
ベッドの種類(arukikata.co.jp)
部屋のタイプ(arukikata.co.jp)

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました