【NCAA】ウィチタステイト大学HCのパワハラ解雇

うい。Ball Otaku Bros(@b_o_bros)だ。


今回はグレッグ・マーシャル(Gregg Marshall)がパワハラでウィチタステイト大学HCを解任された件について解説する。

騒動の流れ

グレッグ・マーシャルの暴君ぶりが発覚

主な暴君ぶり
・選手やスタッフに対する暴力的行為
・キャンパス内で学生といざこざ
・横暴な態度

2020年10月、ウィチタステイト大学HCのグレッグ・マーシャルの暴君ぶりがリークされた。マーシャルの上記の様な言動が元選手等の複数の証言によって明らかになった。

参考: Gregg Marshall under investigation by Wichita State for allegations of misconduct(theathletic.com)

グレッグ・マーシャルとは?

グレッグ・マーシャルはウィチタステイト大学をミッドメジャーの実力校からNCAAトーナメント常連校、そして、アメリカン・アスレティック・カンファレンス所属のハイメジャー校に押し上げた敏腕だ。特に2012-13のファイナル4進出と翌2013-14のフレッド・バンフリートとロン・ベイカーを擁して達成した35連勝はカレッジ史に残るシンデレラランだった。

【NCAA】ウィチタステイト大学
ファイナル4進出とレギュラーシーズン無敗を達成して一大旋風を巻き起こしたウィチタ・ステイト大学を紹介!!

前任地でも同様の行為が発覚

その後、マーシャルはウィチタステイト大学に赴任する前にHCを務めていたウィンスロップ大学でもハラスメント的な行為を選手に対して振るっていたことが元選手達へのインタビューで明らかになった。

Gregg Marshall’s abusive behavior predated Wichita State, former Winthrop players say(theathletic.com)

パワハラ解任に手切れ金約9億円

そして、11月初旬、チタステイト大学HCのグレッグ・マーシャルが遂に解任となった。両者はウィチタステイト大学が今後6年間でマーシャルに$7.75M(約9億円)を払うことで合意に至っている。

Wichita State men’s basketball coach Gregg Marshall resigns after abuse investigation(espn.com)

まとめ

今後、もしかしたらマーシャルのNCAAの規定違反も見つかる可能性もある。

関連記事

NCAA基礎講座

NCAAニュース

バスケ留学

ダイハードオタク話(有料)

タイトルとURLをコピーしました