【必須4/4】ESTA/eTA(電子渡航認証)の申請

うい。現地観戦研究家のB.O.BROS(@b_o_bros)だ。


今回はESTA(エスタ)とeTA(イータ)の申請について紹介する。


ESTAはアメリカ行きの、eTAはカナダ行きの飛行機への搭乗を許可する電子渡航認証だ。


アメリカやカナダでの90日以内の滞在の場合、ビザ免除プログラムによってビザは不要だが、アメリカへ行く場合はESTA、カナダの場合はeTAを取得しなければならない。

ESTA(エスタ)/eTA(イータ)

ESTA(エスタ): アメリカへの渡航認証

  • 申し込み方法: ネット
  • 申し込み期限: 渡航72時間前まで
  • 費用: $14(約1500円)
  • 支払方法: クレジットカード
  • 有効期限: 2年間

ESTA(電子渡航認証システム)は渡航認証だ。


渡航認証とは「アメリカ行きの飛行機に乗ってもいいですよ」というアメリカへの渡航を許可する証である。


要するに、ESTAがなければアメリカ行きの飛行機に乗れない


ESTAの申請はESTAの申請ページでできる。


申し込み期限は、公式に決められているわけではないが、渡航の72時間前までに申請することが推奨されている。


費用は$14、支払いにはクレジットカードが必要となる。


有効期間は2年間で、一度ESTAを取得すれば向こう2年間は毎回ESTAを申請する必要は無い。

eTA(イータ): カナダへの渡航認証

eTA(イータ)はカナダへの渡航認証だ。トロントやバンクーバーに行く場合は必要になる。基本的にはESTAと同じだ。

代理業者に注意!!

ESTAの申請で注意すべきは代理業者だ。


グーグルやヤフー等で「ESTA」と検索した場合、上位に表示されるのは代行業者ばかりだ。しかも質が悪いことに代理業者のサイトは公式のESTA申請ページ風に設計しているため、申し込み中はそれが代理業者だと気がつかないことも多い。クレジットカードの明細から自分が代理業者経由で申し込んでいたことを知る。


だから、アメリカ大使館のESTA申請ページへは外務省ホームページ経由でアクセスすることを強く推す。

ESTA/eTA申請の流れ

ステップ1: パスポートを手に入れる

まず、パスポートを手に入れなければならない。なぜならESTA(eTA)の申請には渡航者のパスポート情報が必要だからだ。


パスポートは「運転免許証」「マイナンバーカード」「住基カード」等の本人確認書類を持って市役所で「戸籍謄本」と「住民票」を取り、その足でパスポートセンターに行き、約1週間後に「受理票(受領書)」と「手数料(11000 or 16000円)」を持ってまたパスポートセンターに行く、ただそれだけである。


詳しくは下の記事で紹介している。

【必須1/4】パスポート(一般旅券)の取得
パスポート(旅券)の取得についてカンタンに紹介!!

ステップ2: クレジットカードを手に入れる

次に、クレジットカードを手に入れる。と言うのも、ESTAの支払いにはクレジットカードで行わなければならないからだ。


ただ、クレジットカードと言っても何を作って良いのかわからない人もいるはずだ。


そんな人は取り敢えずは「楽天カード」で良いと思う。楽天カードは「VISA」、「学生でも審査が通り安い」、「入会費&年会費無料」、「普段から使える」ので作っておいて損は無いし、入会時に楽天市場で使える〇千ポイント(1ポイント=1円)が付与されるので、かなりお得だ。


言うまでもなく、俺も持っているし、現地で使っている。


「楽天カード」をサクッと作ってしまうのがオススメだ。

ステップ3: ESTA(eTA)を申請する

そして、パスポートとクレジットカードを手に入れたらESTA(eTA)の申請を行う。ESTA(eTA)の申請は渡航の数カ月前にする必要は無い。が、申請が通るまでには最低でも72時間が必要とされているため、前日の申し込みでは審査が通過せず、出発時に搭乗できなくなる可能性もある。ぼちぼち早めの申請をお勧めする。

まとめ

現地観戦に行く場合、ESTA(eTA)を取得しなければ、飛行機に乗ることができない。申請が通過するまでには72時間が必要とされているため、出発日の5日前位までには申請は終わらせておきたい。


ただ、ESTA(eTA)以前にパスポートとクレジットカードを入手しなければ何も始まらないので、まずはこの2つを入手することから現地観戦の準備を始めよう。


ちなみに、ESTAはあくまで渡航を許可する証だ。入国は許可されていない。入国審査はアメリカの空港で別途行われるため、渡航認証が下りたからと言ってまだ100%アメリカやカナダに入国できる訳ではない。

現地観戦観の記事

参考

アメリカ電子渡航認証システムESTA(日本語版)記入の手引き(arukikata.co.jp)

管理人

俺達B.O.Brosはアメリカかぶれの”bro”2人だ。両者共にアメリカの大学に留学経験(1人は現在留学5年目)がある。元々はバスケ好きが高じて渡米したのだが、今ではバスケを通り越してアメリカ的価値観や文化そのものの虜になり、固まった休みが取れ次第、試合観戦がてらアメリカ各地を巡っている。トレンドの話はTwitter、俺達自身についてはInstagram、ブログのコンセプト外の話はnoteで発信しているので、興味があれば、そちらもチェックしてもらえれば、と思う。

B.O. BROSをフォローする
タイトルとURLをコピーしました