【現地観戦術】仕組みを理解して賢く使う: AirBnB(宿泊編4/5)

うい。


Bro Institute of Ball&Tripはbroに向けてバスケ界隈の解説&紹介を行っているサイトだ。

主なコンテンツ

※全て参考文献付き

そして、「現地観戦術」は「仕組みを理解して賢く使う」をコンセプトに現地観戦関連の解説&紹介を行っているカテゴリーである。

と言うことで、今回はAirbnbについてだ。

概要: 宿泊戦略

主な選択肢

  1. NBAチームと同じホテルに宿泊
    高級ホテル
  2. 手頃な価格で宿泊
    ホテル
    モーテル
    ユースホステル
    民泊(AirBnB)
  3. 旅程の都合
    野宿

最適な宿泊施設は各人の願望、予算、旅程で異なる。


もしNBAチームと同じホテルに宿泊したい場合、そのチームのチームや選手のSNSの投稿からホテルを割り出して予約する必要がある。


一方、宿泊費を抑えたい場合、選択肢にはホテル、モーテル、ユースホステル、AirBnB、野宿が選択肢になる。


そして、野宿は、安全面と健康面から極力避けるべきだが、予算や旅程の都合でやむなしの場合もある。

AirBnB

Airbnb:バケーションレンタルやログハウス、ビーチハウスなどのユニークな宿泊先と体験
世界各地のバケーションレンタルやログハウス、ビーチハウスなどニークな宿泊先や体験を見つけましょう。ホストのおもてなしがもたらす特別な旅をAirbnbでお楽しみください。

概要

エアービーアンドビー(AirBnB)は民泊サービスだ。宿泊施設はベッド、一部屋、一軒家を丸ごとなど様々ある。場所や時期にもよるが、安ければベッドだけであれば3000円以下、一部屋でも5000円程度で一泊することができる。

メリット

メリットは数え切れない程ある。まず、往々にして料金がホテルよりもやや安い。次に、ホテルやモーテルが無いような場所にもある。つまり、辺鄙な試合会場の近くに泊まることができるかもしれない。そして、ホスピタリティがホストによって独特だ。

デメリット

難点は提供者と英語でやりとりをしなければならないことだ。但し、コミュニケーションは予約時の軽い挨拶と宿泊前日や当日に具体的な到着時刻を送る程度なので難しい訳でもない。しかも、優しい人が多い。

宿泊までの流れ

  • 予約
  • コミュニケーション(ルールが送られてくる)
  • チェックイン

予約はAirbnbのサイトから行う。各サイトには料金、ルール、設備、アメニティなどの概要とレビューが載っている。


予約完了後、ホストからAirbnbのメッセンジャー機能でチェックインの方法やルールの詳細が送られてくる。往々にして予約直後のメッセージは自動送信になっている場合が多い。返信は不要だ。


そして、前日や当日、ホストから具体的なチェックインの方法が送られてきたり、あるいは到着予定時刻を尋ねられるので、軽く返信する。


その後、実際にチェックインを行う。チェックアウトも事前の指示に従って行う。

現地観戦の各種支払いはクレジットカード支払いがオススメだ。と言うのも、マイルやポイントが貯まるからである。陸マイラー(飛行機の搭乗以外でマイルを貯める人種)は賢くクレジットカードを使って得をしている。ちなみに、俺達は、現地観戦にはクレジットカードは必須ということもあって、クレジットカードについて仕組みからオススメのカードまで解説と紹介を行っている。

【現地観戦術】仕組みを理解して賢く使う: クレジットカード
現地観戦に必須のクレジットカードの仕組み解説&オススメ紹介!!

まとめ

Airbnb:バケーションレンタルやログハウス、ビーチハウスなどのユニークな宿泊先と体験
世界各地のバケーションレンタルやログハウス、ビーチハウスなどニークな宿泊先や体験を見つけましょう。ホストのおもてなしがもたらす特別な旅をAirbnbでお楽しみください。

結論、英語でのやり取りが苦痛でなければオススメだ。

関連記事

現地観戦術

選手の愛用品

映像作品解説

【Netflix】「バスケがすべて(Basketball or Nothing)」解説
Netflixのオリジナルドキュメンタリー「バスケが全て(Basketball or Nothing)」を解説!!
【Netflix】「ラスト・チャンス(バスケ編)」解説(ネタバレ無し)
Netflixのオリジナルドキュメンタリー「ラスト・チャンス(バスケ編)」を解説!!

参考

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました